忍者ブログ
[579]  [576]  [578]  [577]  [575]  [572]  [571]  [570]  [567]  [569]  [568
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

つづき…

 D 赤坂〜実家シュミレーションしてみた。

読んだよ! 高橋政光「松尾芭蕉(上)」 #yondayo 帯の田中善信さんの推薦文の意味がよく分かった…!続き読みたい! http://twitpic.com/30ts9hless than a minute ago via www.movatwi.jp

ホテルで読んだ、上の小説に、芭蕉さんが久しぶりに帰省するという場面があったので、
どんな景色が見えてたんだろ?と思いついて、
ちょうど持って行った本に、江戸時代中の古地図が載っていたので参考にして歩いてみました。

江戸からだと、東海道を下っていって、名古屋を通って、
現在の三重県亀山市のあたりで、大和街道という道に交わるので、西に折れて、
伊賀上野のまちに着くそうなのですが(当てずっぽうで言ってます)、

下のGoogleマップだと、ミニストップのアイコン(赤いピンの少し上)の横を通る黄色い道が大和街道だそうで、ちょうどミニストップのアイコンすぐ下あたりで左に折れて、細い路地を南(下)に歩いて行くと、芭蕉さんの家に着くんだとか。




大きな地図で見る

古地図だと、芭蕉さんの実家のすぐ近くに、S字の道が載ってるんですが…

あ、坂が。

送信者 20101024伊賀上野

古地図と同じ道が残ってました。おお!
画像の右端で180度反対に道が折れ曲がって続いてます。

 折れるとこんな感じ。

送信者 20101024伊賀上野

坂を登り切ったところになんか立ってました。

送信者 20101024伊賀上野

左) 右 ほにゃらら 山上道
右) 左 東海道せき所

関所があったんですねー。へえ

ちなみに左の画像にいっぱいゴミが捨てられてますが、
すぐ近くの立て看に【ゴミ捨て禁止!!罰金を取ります!!】みたいなことが書いてありました。あるある。

この石碑を通り過ぎるとすぐに芭蕉さんの家です。

送信者 20101024伊賀上野

2回目だけどまた気づかずに通り過ぎそうになった…。

つづく…

レポ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | おまけ
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

≪home

芭蕉さん4コマ

子規さん4コマ










ブログ内検索
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]