忍者ブログ
[303]  [302]  [295]  [283]  [266]  [261]  [252]  [248]  [245]  [242]  [228
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

4月13,14日のコメント返信です。
遅くなってごめんなさい!

>転 さん
わあいお久しぶりですー(^▽^)

いや!こちらが勝手にお願いしたことなので、転さんが謝る必要全然ないです!というかお手数をかけてしまいすみません…。

高久馬鹿力なんですかーへえー(*´∀`*)
高通行儀いい(意訳しすぎですね)とかへえー(*´∀`*)
どうでもいいなんてとんでもないです!というか正直そういった小ネタの方が好きだったり…。情報1つにつきご飯3杯イケますよ!
他にもありましたらぜひお願いします!(笑)

そうですよね…漠然と言われても困りますよね。。
ではお言葉に甘えて、ちょっとわがままを言わせてもらいますね^^

一言で言うと、藤堂藩と芭蕉さんとの関わりについて、芭蕉研究以外からの情報が欲しかったんです。

芭蕉さんは29才まで伊賀上野にいたらしいんです。51年の中の29年って言ったら約半分になる長い間なのに、芭蕉研究の評伝などには、ぼんやりとした書き方しか載ってなくて、マンガのネタにならないじゃん!とムカついたのがきっかけなんですが。

それで、まずは藤堂藩の基本的なことを知りたいと思ったので、「藩史」という言葉を使ったんですが、舌足らずな言い方になってしまいましたね。。

もちろん基本を理解することは大事なので、教えていただいた本とサイトで勉強はするつもりなんですが(あと評伝も読み返して!)、それを踏まえて、もう少し突っ込んだ情報が欲しいなあと思ってまして、

おもに2つあるんですけど、

・芭蕉さんが良忠に出仕した理由
・久居藩が建てられた理由と経緯

に関する情報ですかね…。

う~ん、と言われても分かりづらいですよね!もっとちゃんと説明したいんですが、長くなってしまいそう(もう十分長いですが)なので、また後日、それかメールなどで小分けにして説明させてもらってもいいでしょうか??
なんだかすっかりこちらの面倒に巻き込んでしまってすいません。。
迷惑でなければ、ぜひ協力お願いします!

おお!去来にも愛着が!ありがとうございます!と、本人の代わりに言わせていただきます^^

芭蕉さんの愛情表現は複雑ですね。
素直に褒めたり、デレたりするのがデフォルトみたいなんですが、たまに天邪鬼なときもあります。(去来、支考とか特に)

ぼ、凡兆のお嫁さん(羽紅さん)にうっかり惚れちゃダメですよ!もれなくウルフ凡兆に威嚇されちゃいますから!
といっても一匹なのでさほどの脅威ではないので安心です(え―)

あ、14日の返信不要のコメントは本当に衝撃的で、自分の描いたものが恥ずかしくなって思わず泣いてしまいました(いや、本当に)でも知らないでいるよりはずっと良かったと思います…。
でも、溺愛とか…にやにやしますね^^
頂いた情報でいつか感想マンガ描かせていただきます(笑)


コメントありがとうございました!
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

≪home

芭蕉さん4コマ

子規さん4コマ










ブログ内検索
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]